『言葉の果ての写真家たち』

このウェブサイトは髙橋義隆の著作『言葉の果ての写真家たち 一九六〇年から九〇年代の写真表現』を案内するHPになります。3月15日に青弓社から刊行される予定です。本書は新倉孝雄、森永純、中平卓馬、荒木経惟、原芳市といった5人の写真家を取り上げ、彼らが書いた言葉、発言を主題として、どのような写真表現へと昇華したかを、自分なりに読み解いてみました。

今後、このHPにて本書の一部を抜粋して紹介していくと同時に、本書に掲載されていない他の原稿も掲載していく予定です。

『言葉の果ての写真家たち 一九六〇年から九〇年代の写真表現』青弓社刊 2017年3月15日発売予定

http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-7399-4